メールマガジン
【顧客キープの心理学】

こんにちは、
日本訪問歯科サポート(株)の東です。

GW中盤に入ってきましたが、いかがお過ごしですか?
暦通り診療されている先生方、お疲れ様です!
休みを取られている先生方、日頃の疲れをしっかり癒して下さい!

当社は暦通りの営業ですので、
本日も週刊メルマガを発行させていただいています!
お休み中に関わらず、このメルマガを読んで
いらっしゃる先生方は本当に勉強熱心で
やる気のある先生だと思います!
この少しの差が成功される先生と、
そうでない先生の差だと思いますので、
私も先生方の為になるような情報を
しっかりお届けしていきますね!

今日のメルマガは、「顧客にリピーター
になってもらう為に行うこと」です。
人間は、心理的に失敗を嫌います。
例えば、ケアマネさんが
新しく訪問歯科を依頼したとしても
「あなたの医院に紹介した」という
自分の判断を正しいと思いたいです。

特に金額の高い商品やサービスで
あればあるほど重大な判断をしたことになるので
購入後、不安になってしまうものです。

ですので、紹介してくれたケアマネさんの判断が
「正しかったんですよ」と
正当化してあげることは
医院が思っている以上に大切なことなのです。

そうやって、紹介して良かった
と思ってもらうことができれば
次の患者様も紹介してもらいやすくなるわけです。

というわけなので、紹介してくださった
ケアマネージャーさんへの
フォローアップの方法を考えてみると
いいかもしれません。

例えば、
1 ご紹介いただいた後にすぐお礼を言う
2 伺う日時をしっかり連絡する
3 訪問歯科を勧めることは、
  患者様にとっても良いことだと
  しっかりお伝えする
4 さらに役立つ口腔ケア用品等をプレゼントし、
  使い方の説明等もしてあげる
などを、してあげる事で、

「これだけしっかりやってくれる歯科医院だったら、
紹介したことは間違っていなかった!」
と思っていただける可能性が上がるのです。

これは、患者様でも同じです。
初診で「訪問歯科を依頼して良かった」
と思ってもらえる必要があります。
さらに言うと、院内の患者様においても
同じことが言えますよね。

こういった心理があることを
知っていただいた上で、
どうやって顧客との関係を維持していくのか?
を考えて、医院のサービスに取り入れて
頂ければと思います。

皆さんの歯科医院の
安定した成功に役立てて頂ければ幸いです!

東 洋平

【今日のまとめ】
 ・顧客との関係性は依頼の直後が重要!
 ・顧客が依頼してくれたことを褒め、それがいい事だと認識してもらう!